FC2ブログ

How to EAT =電子チューンでアースを考える=

オリジナル・グランディング・システムのEATUNING
取付例やデモカー情報などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車載ネットワークについて ①

How to EATブログに【お勉強会】のカテゴリーを新設しました。
自動車のエレクトロニクス・テクノロジーは、僕の知らないところでドンドン進化しています。
実用化に10年、それまでは水面下で開発を続けられていた、なんて物ばかりだし、何より専門用語が難しい。
それと最新技術だけでなく、昔から採用されている技術も改めて見てみると重要だったりします。
ただの覚え書きみたいなものですが、お付き合い頂ければ幸いです。

最初の【お勉強会】は、車載ネットワークについてです。
車のネットワークとは?の前に、そのいきさつをお話しようと思います。

《きっかけはセーフティー・バッテリー・ターミナル》
車に搭載されているネットワーク(以下 車載LAN)をまじめに勉強しようと思ったきっかけが、BMW135iでした。
注目していた1シリーズのクーペ135i。
国内販売前に知った情報が、『バッテリーターミナルにコンピュータが付いているぞ』という事でした。
それじゃあ、我が社のバッテリー専用ハイパーを接続できないのではないか!?
販売部門に激震が走ったのを昨日のことのように覚えています。
(販売部門といっても僕を含め4人ですが)

どうやら、その代物は”セーフティ・バッテリー・ターミナル”という名称で、本国ドイツの説明文を翻訳しても
衝突時には
・車両集中ドアロック解除
・ハザード自動点灯
・ルームライト自動点灯
・燃料ポンプカットオフ
・車両配線のショート防止
といった機能面しか書かれていませんでした。

だったら、本物を買って攻略するしかない!
こうして、僕の熱意に応えてくれた方々が骨折って用意してくれた、初期ロットモデル車の椅子に飛び乗ったのでした。
うそみたいなホントの話です。
ハンズトレーディングさん、I.N.Sシュポルツさんには、心から感謝しております。

さて、その後”セーフティ・バッテリー・ターミナル”を攻略できたかって?
かなり手こずりましたが、CPUチップを割り出すことができ、EATUNINGの発展に大きく貢献してもらいました。
この関連の話は、後ほど登場します。

次回は、《ネットワークは節約家》です。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://how2eat.blog62.fc2.com/tb.php/166-3a7ee9e5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

車のメーカー名&車種名&EAT商品名などで検索すると、関連した記事を探すことができます。

最新の記事

最新のコメント

▼コメントありがとうございます▼

過去ログ

トラックバック

Links

Appendix

亀井

亀井

EAT改め、EATUNINGとなった、マルシュウのグランディング・システムです。どうぞ、よろしく。

EATオフィシャルサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。