FC2ブログ

How to EAT =電子チューンでアースを考える=

オリジナル・グランディング・システムのEATUNING
取付例やデモカー情報などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車載ネットワークについて ④

《エレクトロニクス・テクノロジーの落とし穴》

自動車の電子制御システムは技術の発展とともにECU搭載数も増大し、現在では車両1台あたりのECU搭載数が一般的には50個前後、車種によっては100個を超えるものもあります。
多くのECUはワイヤーハーネスにより、ボディやエンジンへのアースが設計されています。

135i の燃料ポンプ制御ユニット(ECU)


電子部品のパッケージにはノイズ対策が施されています。
ところが、ボディ本体が行なうアース処理はボディ金属部分からの自然放電、タイヤからの接地アースしかありません。
自動車のボディは、各部位の運動エネルギーにより発生する帯電と、各ECUを繋ぐラインから放射される電磁波ノイズで充満しているのが現状です。

この続きは、帯電除去のラムダ3について語らせてください。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://how2eat.blog62.fc2.com/tb.php/169-0d025cbf

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-08 | »
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

車のメーカー名&車種名&EAT商品名などで検索すると、関連した記事を探すことができます。

最新の記事

最新のコメント

▼コメントありがとうございます▼

過去ログ

トラックバック

Links

Appendix

亀井

亀井

EAT改め、EATUNINGとなった、マルシュウのグランディング・システムです。どうぞ、よろしく。

EATオフィシャルサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。