FC2ブログ

How to EAT =電子チューンでアースを考える=

オリジナル・グランディング・システムのEATUNING
取付例やデモカー情報などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイズ除去の重要性 ③

《ワンサイド接続》

ラムダ3施工の最大の特徴は、ワンサイド接続です。
ノイズを除去したい場所に接続するだけの方式は、ケーブルの取り回しの複雑さをなくしました。
ラムダ3の本体を設置できるスペースがあれば、どこにでも接続が可能になります。
そして、ラムダ3が特性を発揮する接続箇所は、ワイヤーハーネスが落としているアースポイントです。
各自動車メーカーが設計したボディやエンジンに配線されている純正のアースポイントを利用します。

ワイヤーハーネスからのアースポイントにラムダ3を接続することにより、速やかにノイズを吸収・除去します。


135i の燃料ポンプ制御ユニットのアースポイントへラムダ3を接続
903ecu02.jpg

135i は、目視できる純正アースポイントが12ヶ所あります。
それぞれの電子制御システムから来るアースポイントによって、エンジン系・ミッション系・サスペンション系などのチューニングが可能になります。
皆さんの愛車も、エンジンルームやトランクルームを隅々まで見てみると必ず見つかるはずです。
ぜひ、探してみてください。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://how2eat.blog62.fc2.com/tb.php/172-784c5114

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

車のメーカー名&車種名&EAT商品名などで検索すると、関連した記事を探すことができます。

最新の記事

最新のコメント

▼コメントありがとうございます▼

過去ログ

トラックバック

Links

Appendix

亀井

亀井

EAT改め、EATUNINGとなった、マルシュウのグランディング・システムです。どうぞ、よろしく。

EATオフィシャルサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。